愛と喜びと感謝と幸せ   ここはコニーヅ劇場


by devik
カレンダー

<   2010年 05月 ( 42 )   > この月の画像一覧

会長が春先に買った八つ頭(里芋)。
食べようと思って、ビニールくるんでいたのを忘れてしまい
芽がでてしまいました。
もう食べられません!
無駄な買い物をしたとみんながみんな思ったのですが、
スタッフの方のアドヴァイスで、

f0233661_17575668.jpg


水生栽培の観葉植物になりました!
あらゆる行動行為に
むだなものなどありません。

f0233661_1824668.jpg


会長秘書(姉)は
「一見、無駄な買い物をしたように想ったときは
日本経済に寄与したと考えればいい。」
と思うようにしているそうです。

ものやひとが才能を活かせないまま、
眠ってしまうのは
もったいないことです。
その才能を呼び起こしさえすれば
むだなものはいっさいないように思えます。


私、ひとりひとり、この今と言う瞬間に
素晴らしい意味を与えてつづけている
のです。


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2010-05-31 18:06 | つながり | Comments(2)
植物の花をひらかせるときに思うのが、
つながる空気を共有している想い。

クラリセージについてたびたび書いていましたが、
この花は花が開くまでに2年かかったのです。
そのつどそれを見た友達の子どもたちは
「なんで雑草なんか植えているの?」と
ぼくに聞いたりするのでした。

f0233661_16125984.jpg


どんな花が咲くのかわからず
花が咲くのかなとまでおもったけれど、
その想った分だけ
クラリセージが咲いた時に
感謝したのでした。

ぼくも今まで
思うようにならずに
ひとにお世話になってばかりでした。
そのつど「一人でいきたいものだ」とばかり
思っていたけど、
それは違うって、いつも
はっきりわかっていた。

ぼくは宇宙から愛された存在。
ぼくは宇宙を愛している存在。

ぼくのしたことは宇宙に影響をあたえる
ただ、言えるのは
応えてくれる宇宙は常に
ぼくを愛しているということだけ。
そして
ぼくはみんなをすべからく愛している。


by  ザ コニーヅ コーポレーション
[PR]
by devik | 2010-05-27 16:14 | 天使 | Comments(0)

前進しあうぼくら

今日はオカパコーポレーションに
三人で遊びに!

ありがとうございました!

オカパコーポレション社長のコッチ社長と
コニーヅのソウ社長は同じ年月生まれ。
社長会談です(笑)
コッチ社長の方が少しだけお兄さんです。

コッチ社長はホークでパスタがもりもり食べられ
マグカップでお茶が飲めるのです!!
ソウ社長はまだできないのですが、
今日、夕飯のとき
お味噌汁をコッチ社長をまねて飲んでいました。
ありがとう!コッチ社長。
ありがとう!オカパコポレーション。

f0233661_21135574.jpg


成長しあう関係。
前進しあう関係。

みんなみんなそんな関係。


by ザ コニーヅ コーポレーション
[PR]
by devik | 2010-05-26 21:09 | 天使 | Comments(2)

ぼくらは成長しつづける

社長の最近のお気に入りはコンセントからプラグを引き抜く事。
今日は冷蔵庫のプラグを引き抜いて
部長はしばらく気がつかなかったそうです(笑)(ごとじゃない!)

また、電話が大好き!
我が社の電話は社長の届かないところに
置いてあるのですが、
電話いじりたさに
椅子をひきづり
それにのってまで、
受話器をとりにいくのです。
先日まで歩くのもほどほどだったのですが
すさまじい成長のはやさ。

f0233661_20463441.jpg


いままで、
社長の届かないところ
社長がふれないところ
社長の目の届かないように
という行為が意外とおもわぬ創造力を止めていたのかもしれないと想いました。

ちょっとしたゆるみが
椅子の使い方や、
椅子に乗るための体の使い方をおぼえたりさせたりしたのですからね。
また、
「プラグを引き抜いたらだめだよ」とか
「電話の受話器をあげていたら電話がかからないよ」とか
そんな言葉を投げかけることもなかったのだから。
まだあまり解っていないけどね(笑)
でも、何回も繰り返さなくはなるから
意外と解っているようです!

いちいちもとに戻したりするのはめんどうですが、
そのいちいち立ち止まってみまもることも創造を育むのかもしれない。
誰の創造?
もちろんぼくら全員です!

ぼくらのまわりも
そんな見守りがきっとあるのだろうと想います!
ずばり天使のサポート。
はらはらさせているのかな(笑)


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2010-05-25 21:02 | 社長 | Comments(0)

植物と手をつないでいる

雨ふりの室内はとても
静まり返っています。
一方、外から
車のタイヤが水をはじく歯擦音が断続的に
鳴り響いています。
ラジオの音がなっているのに
そこには人が誰もいないかのような静けさです。

晴れの日ならば窓を開けて
太陽のエネルギーに満ちた空気を入れます。

ただし、今日は雨が細かく縦に落ちてきます。

ところで
意外と室内の空気はよごれていると聞いたことがあります。
壁紙や、カーテン、洗剤やプラスチック。
そうしたものに日常、ふつうにかこまれていますよね。
そうした空気を浄化してくださるのが
観葉植物だと聞いたことがあります。
とくにポトスは働き者らしいのです。

f0233661_1123711.jpg


わが社にもトポスとスパティフィラムがあります。
大きくなればなるほどサポートしてくださっている証。
そんな気がします。

f0233661_1127634.jpg


ライアル・ワトソンという人が
植物もちゃんと感情があるのだと書いていたことを思い出します。

おまけに深い意志でぼくらに無条件にサポートしている気がします。
なかなかぼくらはそうしたサポートに気づかず生活しているのかな。
植物に囲まれる環境がなんだかいいことは感じているけどね。
彼らはぼくらとつながっていることをよく心得ている気がします。
ぼくらもつながっていることを
ハートから受け取ってみることをしています。
こんな雨の日に、
水の声、
木の声、
草の声、
空気の声を
聞いていみましょうか。
うん、そうしましょう。


by ザ コニーヅ コーポレーション
[PR]
by devik | 2010-05-24 11:32 | つながり | Comments(0)
今日は昼からラーメンがたべたかったのです。

それで夕飯はラーメンに。
部長が
角館で安藤醤油の
ラーメン味噌をいただいていたので、
それを味噌に使いました。

f0233661_20163728.jpg


スープは
手羽先の先と、たまねぎ、しょうが、煮干し
日高昆布をことことと煮て、最後にサバ節を投入。
それをこしてスープは出来上がり。

f0233661_20195639.jpg


豚ばら肉、キャベツ、もやしを具をオリーブオイルとごま油でいためて
ラーメン味噌を投入。

f0233661_20214819.jpg


これだけでも美味しそうですが、
ここでフライパンの具にスープを注いで
ぐつぐつ温める。
その間に麺をゆでて、

f0233661_20243340.jpg



できあがり!
とても大げさに見えますが
お味は…
普通の味噌ラーメンです(笑)
ただ、とてもさっぱりして
スープを最後まで残さず頂ける感じでした。

スープの段階で、とてもサバ節が効いて美味しそうでしたが、
サバ節の風味は消えていました。
部長いわく、「鍋のあとのラーメンだね」。

次はあわせ味噌からやろうかな。


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2010-05-23 20:31 | もの | Comments(0)

社長のハンチング

日差しがつよくなり
帽子が必要になってきました。
ただ今日は雨が落ちてははじけるような天気。
帽子もひつようありません。


角館の「さんさん」さんで
オーダーメイドした社長のハンチング帽。

f0233661_12113175.jpg


社長の鉢も大きくなり
このハンチングに頭をいれることができなくなりました。

成長することは
枠にはまらなくなってしまうこと
今までの自分を
喜んで手放すことなんですね!

by 係長 サン
[PR]
by devik | 2010-05-23 12:12 | 社長 | Comments(0)

フェスティナ レンテ

高速道路を使う機会が
最近多いのですが、
今日の仕事へ向かうにも高速をつかいました。

そこで、交通ルールって巧くできてるといつも感じます。
その巧くできたシステムの中で人のおもいやりの意識が
ちらちら見えたりします。

高速は違った意味で運転する側の
個人意識がまるだしになったりするような気がします。
「急ぎの道」であることは間違いないからね。

土日曜日、高速を運転すると、
呼吸が合わない車の列にはいることがあります。
その原因は高速での狭い車間距離。

車間距離をとるのがあたりまえなのですが、
最近、100キロ超えて、
猛烈に狭い車間距離でせまられることがあります。
キープレフトで前の車と車間をとっているにもかかわらずです。
おまけに、車間を開けないためにおこるブレーキ。
たまにならいいのですが、
結構、頻繁にあります。

f0233661_14263632.jpg


ぬくもりが欲しいのかな?
隙間を創りたくないのか?
フェチではかたずけることができない運転。

呼吸の合う車列は車間がしっかりとれていて
気がつくと、
らくらく
目的地についていることがあります。
その車列が意識のようになっていて
シンクロしているのです。
そんな感覚。


土日、遊びで車をお使いの方結構いらっしゃると思います。
車間だけはとって頂きたい。
あたりまえのことだけど。

あと、タクシーの表示なしの急停車。
ちょいとびびります。
もちろん高速道路ではないけれど。
お客様の要求だからね。
仕方ないけどね。
表示はできるだけ早くだしてほしいな。

ぼくも旅路をゆっくりというより
はやく家路に向かいたいほう。
だから、ゆとりの運転です。

今日の帰りも自動車です。
スムーズな運転は安全運転、
気持ちよいんです。


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2010-05-22 14:31 | つながり | Comments(0)

青い実

アパートに植えてある
梅の木に青い実がなっています。
もうそろそろ梅雨かな。

ところで、今日は国際生物多様性の日らしい。
FM局J-Waveを聞いていたら
生物多様性についてお話をしていました。
読売新聞の朝刊18・19面もCOP10名古屋会議にさかれています。

生物多様性(biodiversity)。
このフレーズは素晴らしいとおもう。
素直に。
生物多様性ということばは
エコというかるみがない。
エコというかるみもすきだけど(笑)
なんだかズシンとする。

実は、
ぼくエコロジーの略のエコという響きも
生物多様性というあまりにも翻訳的な響きも
前まで、バックグラウンドに政治や産業広告として見えてしまい
それを使う意識とその言葉の乖離もみてきたので
あまり使いたくなかったけれど、
それも全部ひっくるめて
目に見えないつながりを意識するのに、
ひとつの窓としてとても素晴らしいとことと
最近では思う。
自分のこだわりや想いを見直して
そんな響きを心を込めてよく使っている。

f0233661_1226298.jpg


人が関わることで、
この生物多様性が壊れてきた。
前にも書いたかもしれないけれども
学生の時、人間がいなくなれば
地球はもっとよくなると思っていた。
けれども、これは大きな間違いで、
人間もこの多様性のなかの一部で、
この多様性の中にいて調和をとって
生きていく創造性ももっている。


外来種の作物を自分の生活する土地に持ち込むことも
この多様性を壊す原因になる。
しかし、一方でその恩恵ははかりしれない。
例えば、じゃがいもやトマトなどの伝播。
それは食糧問題や、料理の発展にもつながっている。
人の喜びにつながる行為という側面もある。
人間のエゴと片づけてしまう事もできるけど、
人が人のことを想いしてきた結果。

いろいろ人も学んだ。
人が人を想うように
多様な生命体を想い
より調和たほうへ創造している
今を重ねている。
生物多様性というカラフルでヴィヴィッドな
鼓動をかんじえる未来が
確実に見え始めているのだなと
思う日々です。

f0233661_12232355.jpg


危機は危機としてあるのかもしれないけど
危機回避をしようとする意識は
危機を迎えてしまう気がします。

より調和のとれたほうへ
嬉々として、
直観で智慧をうけとり、
見えないつながりを
見えるようにしていこう。


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2010-05-22 12:32 | つながり | Comments(0)

ワイエス

どこへいくの?

f0233661_21362166.jpg


きみのもとへさ。
いつも。

by ザ コニーヅ コーポレーション
[PR]
by devik | 2010-05-21 21:36 | 社長 | Comments(0)