人気ブログランキング |

愛と喜びと感謝と幸せ   ここはコニーヅ劇場


by devik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:たべもの( 152 )

2019年 味噌造り part2

今日は燕が南から飛来してきたようで、
にぎやかな声を聞いた早朝。
やっと近くのお稲荷さんのソメイヨシノも花開きました^^

そんな温かい日、
立春のうちにもうひと甕、大豆や麹を変えて味噌を作ろうと、
今朝、仕事前に作りました^^
朝活ですw

春仕込みの味噌は立春のエネルギーを詰め込みたい氣持です!

今回は無農薬のサトイラズという甘めな大豆650g
無農薬有機白米麹1000g、
海の精375gで、出来高3キロで作ります。

f0233661_16054582.jpeg
f0233661_16060761.jpeg
f0233661_16062806.jpeg

黒豆味噌にチャレンジしようと思ったのですが、
イマイチ味噌汁を作る場合にピンとこず、サトイラズを選択。
ただ、もう一度、チャンスがあれば黒豆味噌にしたいんですが、
置く場所がないっすからね(汗)

f0233661_16071083.jpeg

汚れがあるので、今回も念入りに洗った大豆は灰汁が少なかったです。
20時間浸したサトイラズを煮ると意外ともろいです。
火が強かったわけではないんですが、煮た時間は3時間くらいかな。
中火でおとなしく炊いたにもかかわらず、
煮崩れしました。これができあがりにどう影響しますかね。
f0233661_16073136.jpeg

潰した大豆を食べてみると、甘いと言うほど甘くなく、
むしろ1回目に使った自然農の大豆の方が甘かったりw
f0233661_16075357.jpeg

今回もフ―プロとマッシャーを使いましたが、6キロの時より楽ですね~。
正直、煮る時間がほとんどで、大豆を潰して、麹を塩切りして、
二つを混ぜ合わせて、味噌団子を作るまでの時間は30分程度で終えてしまいました。

f0233661_16082540.jpeg

f0233661_16084827.jpeg

f0233661_16091594.jpeg

f0233661_16094127.jpeg
唐辛子散らし過ぎたかな(ふふふ)

今回は家族の常在菌は入らず、私のだけ(笑)
この調子だと、もうひと甕作れちゃいそうですけど、
部長(嫁)に置き場がないと怒られそうですww

f0233661_16100585.jpeg

次は、黒豆か、ひよこ豆で作りたいです。
そんな豆でできた味噌はもろきゅうとか、なめろうとかに使いたいんですがね、、、ふふ




by 係長サン


by devik | 2019-03-26 16:04 | たべもの

ちょいとジャンクに

最近、あまりおもちを食べなくなりました。
が、嫌いになったわけでもなく、
単に食べなくなったなぁと。

今日のお昼は先日福島屋さんで購入していた
「昔ながらのおもち」が冷蔵庫にあったので、
焼き餅にしようかと思いましたが、
このお餅、意外に
焼くのに時間がかかるのね。
昔のお餅ってそうですよね!

どうせ時間をかけるならと、
それを我が青春のレシピで頂きました^^

材料: 餅、バター
 お好みで胡椒、醤油などお後で。
 私は必ず海苔で巻きます!!

f0233661_13000018.jpg

要するに餅のバター焼き!

昔は、バターを引いたフライパンの上で弱火で両面を
ゆっくり焼くというシンプルなものでした。

ただ、最近ではフライパンで良い焼き色がついたら
220度ぐらいのオーブンへ入れちゃいます。

その方が早いから!

アレンジは自由ですが、
ネギやあら引き胡椒をちらしてもいいでしょうね♪
もしくは、刻んだネギを一緒に焼き入れるとまた格別です。

我が家はみんなこの餅を
バターもちと呼んでます。

周りの家でもやっていると想っていたのだけど、
訊いてみると、揚げ餅はやっても、
このバターもちはやっていないみたい。

美味しいですyo!
是非お試しあれ。


しか~し、アラウンドフォーティな齢にもかかわらず、
このハイカロリーでジャンクなお餅を食すということに、
ちょっとだけ背徳感を抱いてしまうのは
わたしだけでしょうか(汗

ほどほどにね!
あくまでも、青春レシピw



by 係長 サン

by devik | 2018-02-10 13:10 | たべもの

味噌づくり2017年

先週の日曜日の啓蟄のことを本日アップしています。
最近、ブログを書くフットワークが落ち気味ですw
世界には美しい事ばかり、書き留めておきたい事ばかり、
なのですが、、、
最近はそうしたこころを忘れてしまっている自分がいるような氣がします(笑)

時代が変化のただなかにいるからなのかもしれません。
ここで氣付きがひつようです。

さて、先日の啓蟄の日にすこし遅い味噌づくりをしました。
今年も2月が忙しく、材料の手配に遅れてしまい、
3月の5日になってしまいました。
でも、昨年は4月に作りましたからね(笑)
それでも美味しいお味噌ができましたから、
今年は早いぐらいですかねw

今回は自然農法の大豆1300グラム、玄米生麹2,000グラム、
そして、海の精(塩)800グラムでつくりました。
昨年より少し多い感じです。
塩は考えていたものが手にはいらなかったので
今年はじめて海の精を使いました。

f0233661_11264894.jpg



4日の朝から大豆を、
20時間ぐらいですかね、水に浸して
朝から大豆を3時間ほど煮ました。

f0233661_11264916.jpg

こまめに灰汁をとりながら、
コトコト。

茹であがった大豆を社長(息子)とともに潰します。
マッシャーとすりこぎでつぶしましたが、
今年は少し量が多いので手ごわかったです。
そして、いくつかの大豆の形が残ったものは指でつぶしましたw

f0233661_11264992.jpg


f0233661_11265039.jpg

今年もコニーヅ3人の手で常在菌とともに
こねこね。麹に塩を混ぜ、
潰した大豆とよく混ぜ合わせました。

f0233661_11265107.jpg


そして、
混ぜ合わせた材料をまるめて、
味噌だまをつくり
常滑焼のツボに投げ入れました。

重石はアラ塩(海精ではなく)1キロ+アルファーで
ラップの上から落としました。

ホントはラップではなく
専用の布か無添加和紙を使いたかったですが、
この課題は来年へ持ち越しです。
まぁ、無添加ラップで昨年も巧く行きましたから
問題はありません。

来年はなるべく早くにお取り寄せするしかないですね。

f0233661_11265158.jpg

あとは約10カ月ほど眠りについていただきます!
すべてのつながり感謝して待つだけですね。


家族でお味噌づくりは毎年恒例行事になりそうです。

家族の常在菌がはいるとその家にカスタマイズされた
お薬ができると伺いました。

そう、お味噌は養生を支えるお薬です。


by 係長 サン






by devik | 2017-03-11 11:20 | たべもの

味噌、開封

夏に部長の秋田の親戚から頂いた味噌が
とうとう無くなったので、

我が社の手前味噌を開封!
ちょっと早いけどね!

味噌づくりは今年の四月。
せめて、10か月は寝かしたかったけど。



f0233661_15280715.jpg


開けてみると、封をしていたラップのふちは
少しカビていましたが、
まったくもって、
巧いでき!

さまざまな菌と
時間、
自然のちからに感謝です。


f0233661_15280800.jpg


内側は鮮やかな色!


さっそく美味しく頂きました!


by 係長サン


by devik | 2016-10-29 15:25 | たべもの

味噌づくり

長期の出張に出る前に
味噌づくりをしました。

f0233661_18010638.jpg


無農薬の大豆が手に入ったので、前日から水につけもどします。
18時間くらいかな?



f0233661_18010666.jpg


大豆をことこと柔らかくなるまで3時間ほどゆでて
マッシュして、
熱がひと肌ぐらいに
あるていど冷めてきたら、
玄米麹と混ぜ合わせて
味噌だまづくり。



f0233661_18010795.jpg



f0233661_18010733.jpg


味噌玉を常滑焼の
壺に投げ込みます!


f0233661_18023117.jpg



f0233661_18023195.jpg


おやすみなさい!
半年後ぐらいに
会いましょうw


by 係長 サン
by devik | 2016-04-10 17:59 | たべもの

そろそろ

台風も自転車をこぐ速度で
通り過ぎ

そろそろ
梅雨明けかなぁ
一昨日は雷の音がなりましたね。

雷の音に
肩甲骨のまわりを
かすかにくすぐられる感じ。



この頃、
「今の自分がどこかしら古い」と言う感覚になります。

おそらく、変化の時ですね。

日々なにげに生活して、
このままでいいとか想っていても、
ひとと自然は
進化してしまうんです。

そんな時、鏡をみたり、
ふと我に帰ってみたりすると
今の自分が古くなっているように思える。

実際、着ているものや身に着けていたりするものが
似合わなくなったり。
趣味も趣向も若干ずれている。


「古いなぁ」と思ったら
すでに、「新しいなにか」が起動しているんですね。

あとは動いてしまうだけ!


by サン
by devik | 2015-08-06 16:43 | たべもの

正月らーめん

昨年同様、
正月の食材でらーめんをつくりました。

ポイントは焼豚のタレと
雑煮の鶏がらスープ。
ただし、今年は鶏がらスープも
焼豚も3日でなくなったので、
焼豚だけあらためて作成して
濃い昆布とかつおの出汁をつくり
らーめんをつくりました。
(麺は市販のものですが!)

f0233661_20341432.jpg


焼豚のタレは
醤油、みりん、酒、酢、3:1:2:1/2 ぐらいに
しょうがのスライス、にんにくのすりおろし、
長ネギの葉の方を入れ
肉と一緒に2日漬けこみます。


漬けこんだタレは漬けこんだネギやしょうがなどと一緒に
沸騰するまで火にかけ
はちみつか、黒糖を少しいれます。

漬けこんだ焼豚は
油をひいたフライパンでまんべなく焼き目をつけ
200度のオーブンで40分ほど焼きます。
片面20分、ひっくり返してもう片面20分って感じです。

この焼いた豚をもう一回、加熱したタレに入れて
冷やします。

これで出来たタレを出汁で割るととても美味いのです!
(プラス、秋田のショッツルをタレに加えましたよ。)
ほんとはあれば、
雑煮で残ったナルトや、青菜など入れてもいいなぁとも。

わが社はこれに刻んだ柚子の皮を入れて楽しみました。
来年は麺もつくっちゃおうかなぁ~。


by 係長サン
by devik | 2015-01-06 12:36 | たべもの

玄米と松の実の雑炊

ひとりの時は
基本、お腹が空かないと朝ごはんも食べない。
昼ごはんでさえいらないときもある。
それでも、 暑い日の朝は
なにか入れておこうと想うけど、
塩の入ったフレッシュトマトジュースで充分。

つくづく食事の半分はコミュニケーションだ。
家族と食べると美味しい。
同じものをみんなで頂くと言うのは
無意識の儀式のよう。
さらに、
もっと俯瞰して考えれば、頂く食べ物との
コミニュケーションでもあるから
食事は100%コミニュケーションなのかもしれない。

3食、食べていると「お腹が空く」と言う
感覚を忘れてしまう。
大人になって運動量が減るとなおさらだ。

ただ、昨日の万願寺とうがらしで
辛いものに大当たりしたせいか
朝からお腹が空く。
明け方、暑がりのぼくでも
少し肌寒かったからか
温かいものもが食べたくなった。

f0233661_1036341.jpg



一番だしに玄米をいれて、
生姜、ねぎ、松の実、のり、
溶き卵を入れてスープ感覚。
味付けは自然塩のみ。

玄米の雑炊はたまらなく美味い。

今日のひざしの同様に
ぽかぽか。



by 係長サン
by devik | 2014-09-12 11:36 | たべもの

夏野菜とスペルト粉

古代から品種改良されていないとする
スペルト全粒粉でチャパティをつくった。

塩と水だけでこねたのにふくらんだわ。

つけるのは夏野菜カレー。

f0233661_2051364.jpg

f0233661_2051361.jpg


通常の全粒粉より粘り気が多い気がします。

f0233661_2051430.jpg


ヴェジカレーの材料は
玉ねぎ、トマト、ズッキーニ、ナス、ししとう、しょうが、にんにくです。
野菜だけで結構濃厚。
玉ねぎをよくオイルでいためトマト、少々の水、カレーパウダーをいれて
汁けの油が赤く浮き出たら他の野菜も投入。
炒め煮です。

結構、お腹にたまるカレーと全粒粉のチャパティでした!


by 係長 サン
by devik | 2014-08-05 20:50 | たべもの

つみれ揚げ

先日、新鮮なうるめいわしをお手ごろどころじゃない
金額で安く売っていたので
切り身にして、刺身か酢のものにと買いましたが、
結局、「さつまあげ」にしました。
さつまあげといってもつみれを揚げただけのもの。

材料はイワシ4尾、ネギ、生姜、大葉、にんにく、
やまいも少々、醤油少々、酒少々、片栗粉、卵黄をフ―プロですり身にして
揚げただけ。

イワシは3枚におろして、
まず軽くフ―プロにかけ、
他のものは多少刻んだりすったりして
そのイワシのつみれ状のものに投入して、
再びフ―プロで混ぜます。
それをスプーンですくって揚げるだけ。
結構ゆるくても揚げるとふんわり。

f0233661_14211516.jpg


これに刻んだゴボウやニンジンをまぜて揚げてもいいですね。
お酒の肴にとてもあいますね。

なぜか、実家ではこれを「さつま揚げ」とよんでいました(笑)
揚げたてはとても美味しいです!

by 係長 サン
by devik | 2014-08-02 14:20 | たべもの