愛と喜びと感謝と幸せ   ここはコニーヅ劇場


by devik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

a love supreme

昨日は大好きなアルバム、
コルトレーンのa love supremeがAmazonから届き、
久しぶりに車の中で聴きながら
われらのネッスル(心地の良い場所)、
イチローさんのキマグレカフェに向かいました。

コルトレーンのこのアルバムは
学生時代によく聴いていたんですよね。
人生大ひ否定の20代に
誰にも会いたくない1年があって、
実際あまり人としゃべらないので虫歯になりながら、
それで、コルトレーンのステラーリージョンとか聴いて
頭の中はファンタジアだったな。
けど、今、a love supremeを聴くと
あの時には感じていなかった部分とか
ひろがりとか、命のたぎりとかを感じるんですよね。
まるで自分の細胞のような日本の民謡や子守歌みたいで
コアな部分が常に目覚めていることを教えてくれる1枚なんです。
昨日、頼んでいたこの1枚が届くなんて
なんだか象徴的な感じがしました。

f0233661_14252850.jpg


と、言うのも、
キマグレカフェでは、昨日
西多摩の活動家WATさんが主催するイヴェントがありました、
その終了間際に参加してきました!
午前中仕事だったので、午前中もいきたかったな~。
とても凄い賑わいでした。
参加したのはチャクラヨガです。
このヨガはキマグレヨガのインストラクターのあいさん
シンギングボウルトリートメントの和香葉さんのコラボレーションの
チャクラに響くヨガ。
これは最高によかった!
和香葉さんのそれぞれのチャクラに対応した
シンギングボウルの振動が空気のエナジーの密度をあげてくれるような感じで、
あいさんの誘導のもとヨガをする。
ぶれてる自分を発見しても、自然な感じでフローして
ぶれている自分を受け入れ、手放して
整っていく作業を観じることができました。

何よりも、家に帰ったあとが
背中がぽかぽかで、
尚かつ、リラックスしすぎて本日の目覚めは遅かったものの
充電されている具合をしっかり感じています。

昨日も、星空プロジェクトも宣伝できたし、
ありがたい、ありがたい日だったなぁ。
日常、当たり前なことが
なんでこんなに素晴らしくて
ありがたいんだろうとますます感じています。

至上の愛っていうと
なんだか遠いところを求めてしまいがちですけど、
ぼくらの毛細血管に行き届く血のように
いきいき生きている細胞ひとつひつとが
宇宙を構成している愛で、
まさに
"a" love supremeなんですね。


f0233661_14194292.jpg



そして、本日もCD届きました。
ビル・エヴァンス トリオの
I will say goodbye.
昨日のa love supremeが象徴的なら
このCDはイミシンですね(笑)
いや、そんなことはなく、
これはジャケットが単に好きなんですよね~。
だが、しかし、知らないうちに2枚買っていた~!!!!!!
だけど、このジャケットの写真好きなんです。
ジャケットで言えば
エヴァンスとジム・ホールのundercurrentのジャケットも好きなんだけどね、
このI will say goodbyeは中味も含め全体的好きな1枚です。
うどん屋とか味噌ラーメン屋で流れていそうだけど(笑)
分かる人はわかるかもしれない!?

f0233661_14203269.jpg


このジャケットはundercurrent。
オフィーリアを連想させ、ジャケットで購入。
ただ、中味を聴くと渋い、渋すぎる。
そう、ジム・ホール。渋い。渋すぎる。
ノラ・ジョーンズを聴くと吉祥寺を思い出すんだけど、
これを聴くと、西荻の昔の職場を思い出すのは
ぼくだけでしょうか?
そう、
おそらく、
ぼくだけなんです。

記憶って言うものは
とぎれてみえるけど
遠い海の流れや
この高い空みたいに
どこか知らないところに
つながっては結んでひらいたりしているんです。



by 係長 サン
[PR]
by devik | 2012-01-14 14:38 | つながり