愛と喜びと感謝と幸せ   ここはコニーヅ劇場


by devik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

茄子のビッグフット

最近、いただく長茄子が美味しいので、
ほぼ毎日食べています。
最初はやきびたしのようなオーソドックスな食べ方をしていたら、
トマトも美味しいものをみつけたので、
茄子とトマトの組み合わせで最近グリルしてたべております。

昨日は、茄子をふたつにわり、中をくりぬいて
舟のようにして、
そこに詰め物にしてオーブンで焼くという
茄子のビッグフットという料理(勝手に命名)をつくりました。

f0233661_20241181.jpg


茄子を半分に切って、中を先割れスプーンなのでくりぬいたら
塩水にさらし、しばらく置き、
あくが抜けたら取り出して水気を拭き取っておきます。

f0233661_20241291.jpg


詰め物はミートソースでも、肉みそでもなんでも良いんですが、
昨晩は、ガーリックオイルで刻んだミニトマトとくりぬいた茄子の刻んだ中身を
ソテーして、塩、胡椒、エルブドプロバンスというハーブミックスで
味付けしたものを詰め物にしました。玉ねぎをいれてもO.Kよ。

f0233661_2024125.jpg


詰め物をいれて、ナチュラルチーズをのっけ(チーズはなくてもいいよ。)
200度ぐらいのオーブンで10分ぐらいかな、焦げ目がつくまで焼いてしまいます。
焼く前に、くりぬいた茄子に薄くオイルを塗っておくと焼き目がきれいになりますけど
昨日はちゃちゃっと作ったので塗るのを忘れました。

茄子があまり得意でない社長もしっかり食べることが出来て
夏を感じ、食物たちに感謝してしまう
ひとしなです。

by

追記

しっかり焼きをいれるとさらに美味しいよ。
茄子と対話してくださいね。

f0233661_21165646.jpg



係長 サン
[PR]
by devik | 2014-06-25 20:22 | たべもの | Comments(0)

2014年 夏至

本日は夏至です。
めいいっぱい
太陽のエネルギー
あびることのできる
時節です。

今日はふと
太陽系の運航を頭でなく
身体全体でなんとなく
感じました。

植物は柔軟に
全宇宙の流れに身をひたしている。

本来は、ひとも同じですよね。

ぼくらは何かを忘れて来てしまったような気もします。
そして、またこの銀河系の運航に戻るように
より戻しの中で氣づきを覚えている。

f0233661_13302055.jpg


ことしは、早くから暑くなったせいか
やまはぎの花が咲き始めていました。

f0233661_13303219.jpg


遊歩道の茂みのなかに
赤く可愛らしい花。

マメ科の花って
天使みたいな装いで
どれも可愛らしいですね!


by 係長 さん
[PR]
by devik | 2014-06-21 13:38 | つながり | Comments(0)

二連咲き

今年5輪目の花が咲き、
昨年は叶わなかった二連咲き、
と思ったら昨年の、しかも6月18日に
二連咲き
していました!


f0233661_16221162.jpg


今年はもうひとつつぼみが見えているので
明日、3連咲きもあるかも。

開花といい、2連咲きといい、
日にちがシンクロしているのは
なにかのお知らせでしょうか?

そういえば、今日は部長の誕生日!
ハッピーバースデー!
とき部長、生まれてきてくださり感謝しております!
ありがとう!

by 係長サン&社長ソウ
[PR]
by devik | 2014-06-18 16:23 | 植物 | Comments(0)
答を自分で考えもしないで、
外に求めてばかりいないか?

そうして、ほかから答をきいて
答をだすのもいいかもしれないけど、
責任までほかに流さない。

その責任が人生とやらの旨味なのに。

f0233661_1249527.jpg


ひとは 間違えたくないものだが、
間違えることもまた
旨味だ。
正解した人には見られない
フィールドをみることができる。

f0233661_12524790.jpg


個であることを生き
この叡智が
全体にめぐり
全体が生きている


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2014-06-17 12:40 | 天使 | Comments(0)

ぼくらのはな

f0233661_22103955.jpg



太陽フレアも活発。
今年、三つ目の姫睡蓮の開花も
でかい。

瞬間瞬間を巧く取り繕うよりも
自分の吹き出すありのままを観じ
居心地のいい感触をつかんじゃう。
それが僕らの花。
[PR]
by devik | 2014-06-11 22:05 | Comments(0)