愛と喜びと感謝と幸せ   ここはコニーヅ劇場


by devik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

はなばな

昨日は丸一にお休みでしたので
朝方、ウグイスやシジュウカラが無く中、
カメラをもって
ご近所を散策。
さすがに夏間近とあって
いろんな花がさいていました。
びっくりしたのはカラーが群生する場所があったとこと。
おそらく水辺に植えた方がいるんでしょうね。


f0233661_17135050.jpg

オドリコソウ

f0233661_17144385.jpg

アマドコロ

f0233661_17154926.jpg

セリバヒエンソウ

f0233661_17163794.jpg

f0233661_17173586.jpg

カラー

f0233661_17182588.jpg

ボタン

f0233661_17191597.jpg

ハナミズキ


セリバヒエンソウなんかは
調べてもなかなか名前がわからない花でしたが
ひとつひとつわかってくると
なんだかわかる気がして、
すぐに名前が判明。

不安でいると、
心がふらふらし
あてもなくさまよいますが、
あることを前提に
一歩一歩歩んでゆくと
確実に出逢うようになっている。
そんな気がしました。


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2014-04-30 17:19 | つながり | Comments(0)

いまここ

f0233661_1337105.jpg


4月26日(土)27日(日)二日間にわたり開催された
いまここ祭り。

天候にも恵まれました。
わたしたちも密かに
参加していました(笑)

f0233661_1338860.jpg


青空の下で、
今あるままで
満ち足りていることを
覚える。
最高です!

by ザ コニーヅ
[PR]
by devik | 2014-04-29 13:38 | つながり | Comments(0)

春をいただく

ご近所さんからタケノコを頂いたので
たけのこの先をグリルしました。
ちなみに、横にあるのは
高菜漬けを混ぜた焼きおにぎり。

このしょうゆを基調とした
お味がおなかにずっしりと
春をよびこみます。

f0233661_20324489.jpg


そして、野蒜。
昔は畑の路傍にぼうぼうに生えていたのですが
その畑さえ最近は見えず
畑でみつけたとしても
抜いていただくことはできません。
その野蒜をあきる野ファーマーズセンターで
みつけたので購入しました。
購入するっていうのが
少し淋しい(笑)

f0233661_20324586.jpg


この根は味噌で頂き、
葉の部分は刻んでペペロンチーノに。

f0233661_20324618.jpg


アーリオオリオペペロンチーノ
(にんにく、鷹の爪オイル)に
塩けの効いたパスタのゆで汁を入れた後、
パスタゆであがりの直前に
刻んだたくさんの野蒜をソースにいれる。
火を止め、パスタをいれる。
野蒜は熱を通した方が野暮な辛みが飛びます。
最後にひとかけバターを
落としからめると上品にしあがります。

常に野のもににはすべて神が宿っている。

日本の野草は優しい苦みと香りがします。
この春はいろいろなものを
外の明るみにほおりなげています。

その苦みが甘みや
旨味にかわりますように!

by 係長 サン
[PR]
by devik | 2014-04-19 20:31 | たべもの | Comments(0)

ほどいてむすぶ

今日は上弦の月。

facebookの方で
4月1日に書いていたのですが、
「きみも正しいだけ」ということばが最近、かなりひびいています。

それは3月末に
ぼくに語りかけて来た言葉なのですが、
「わたしも正しいだけ、そして、きみも正しいだけ」
それだけ。
ただし、
「正しさ」のなかに
余白、ゆるしがどれだけあるか。
それは、限りないのだけど
限りない事を覚える事が出来るか
出来ないかで、
詰まってしまう状態にもなりえるわけです。

むしろ、ゆるしのなかにその正しさが何を
創造しているか、
ここを観じています。

f0233661_20252239.jpg


ほどかれて
むすばれるものがあります


f0233661_20261183.jpg


どれだけ
自分を愛することができるか。
この限りなさに
胸はたかなっているか。

15日の満月まで
問いかけています。

明日は、青梅でゆる〜い瞑想会
いろんなことシェアできたら嬉しいです!




by 係長 サン
[PR]
by devik | 2014-04-07 20:26 | つながり | Comments(0)

清明

本日は二十四節気で清明です。
ぼんやりしていたものが
春の光に輪郭を帯びすきっいりくっきり見えてくる季節です。

f0233661_11315494.jpg


昨日は会社の軒下がやけににぎやかだと想い
外に出てみると
ツバメたちが空を飛び交っていました。

f0233661_11322999.jpg


七十二候の清明の初侯では
七十二侯の初侯では「玄鳥至(げんちょう いたる)
: 燕が南からやって来る」ですから
文字通りのお知らせとあいなりました。

数々の熱狂は終わりを迎え
透き通った空気
透き通った私になりますね。


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2014-04-05 12:36 | つながり | Comments(0)
お客様から頂いた三年番茶が切れたので
違う三年番茶を頂いてましたが、それも飲みきり
今回はさらに違う番茶を購入しました。

というのも、お友達から
「それぞれ飲み比べてみると
全然違うよ」ということでしたので
まだ、その「違いを感じる旅」は続いていました。

最初に頂いた三年番茶は京都の三年番茶で
オオサワさんからでているものでした。
その味の美味さで番茶を飲むようになったのです。

二番目もオオサワさんのものでしたが、
生産地が違うのか、味がまったく違いました。
???ただ、このお茶は、最後の茶葉を飲んだ時が
「!」と想わせる味だったので、
入れ方がいいかげんだったのかなぁとも。

そして、今回はオオサワさんとは違う会社の
無農薬三年番茶にしてみると
美味しい!
最初に頂いた時の感動がよみがえりました。

その三つは値段はさほど変わりませんから
やはりお友達がアドバイスしてくれたように
飲み比べて観じみるのは大事なことです。

f0233661_11184772.jpg


でもね、この毎日飲むお茶がぼくの知らないところで
数週間単で種類が変わっていたら
ぼくはきっと氣づかないとおもうのです。
いつも何気に頂いて、
それは真剣に向き合うことが少ないからです。

また、お茶を何気にいれるのと
「美味しくなってください」と想っていれるのでは
やはり違うと想いますよね。

はたまた、「これが美味しい入れ方」だからと思いこんで
さらに美味しく飲める方法を発見しないこともあります。
ときに、常識をやぶるぐらいに
新鮮に向き合うことも、
豊かさの拡大につがっていたり。

普段、ぼくは
「何気に」食べ物を食べたり、
日常品や道具を使っていることが多いです。
1度1度向き合うことなどほぼありません。
だからこそ、
同じお茶でも、毎回飲む時に意識をするって
とても大事なことだなぁと想います。

よそで、お茶を出された時も
何気なく飲むのではなく、味わう。
「美味しいかまずいか」という判断は置いといて
まず、味わう、そして観じてみる。

味わったり、感じたり、観じたりすることは
とても大事だし、人生を豊かにすること。

食事もいい加減に「済ませる」のではなく
味わって感じると
どれだけ「豊かである」かを覚えることができます。

もちろん食事だけでなく、
石鹸や、日常品、
いつも使っているペンや、車、
フライパン、鍋なども同じく
手触りなどを観じてみることも
すべて豊かさにつながる
コミュニケーションなのかもしれません。

by 係長 サン
[PR]
by devik | 2014-04-05 11:25 | つながり | Comments(0)

里芋の揚げ玉

たまねぎまるごとスープの記事で、
少しふれた昨日作ったおかずの里芋の揚げ玉もUP。

作り方はとても簡単。
里芋をマッシュして、塩をほんの少しの味付け。
それを小さじ1杯の大きさに掬い取り
片栗粉をつけ団子状にします。
それを180度ぐらいの熱くなった油で揚げるだけ。
色が少しついたら出来上がりです。

シンプルであればあるほど素材の味が楽しめます。
外側はサクッと中はトロリという感じ。
じゃがいもだとトロリとはいきませんものね。
これを
抹茶塩やチベット岩塩で楽しみます。

f0233661_1119154.jpg


この里芋の揚げ玉、
応用が利きます。

野菜炒めをあんかけにしてかけて
からめるのです。
里芋のオランダという料理に近いかな。
その際は、しっかり揚げて外側をかたくするといいですよ。


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2014-04-04 12:33 | たべもの | Comments(0)
今日は曇り空ですが、
桜がいよいよ満開。
昨日の雨で桜の幹が漆黒になり
桜色とのコントラストが
閑かさを醸し出しています。

昨晩は仕事が早く終わったので、
部長にかわって、ぼくが晩御飯をつくりました。

ぼくの料理は瞑想みたいなところがあって
無心になれるから、毎日でも創りたいところがあります。
昨日はホウレンソウの胡麻和えと
里芋の揚げダンゴを創りましたが、
野菜を洗ったり、さっとゆでたり、あえたり、
団子をひたすら丸める作業なんて
まさに瞑想状態です。

そして、もう一品、
以前、友達がごちそうしてくれた
玉ねぎを丸ごとつかったスープを
真似して作ってみました。
というのも、時間と北海道産のミニ玉ねぎが
家にたくさんあったので、
ことこと弱火で煮るにはパーフェクトデイだったわけです。

f0233661_10415492.jpg

この鍋にスープストックを注ぎ込み2時間ほど弱火でコトコト

ちなみに、味付けは昆布、干し椎茸、アサリのスープストックに
塩コショウ、ローレル、エルブドプロバンス、ニンニクオイルです。

ちなみに、アサリは蒸せば出汁がでるので、貝がひらいたら
とりだしてできあがり直前にいれてもいいかもしれませんね。
昨日はそのまま入れてしまいました。

煮込む材料は玉ねぎまるまるとニンジンのみです。
コトコト2時間ぐらい弱火で煮込んで終了。

f0233661_1032193.jpg


このスープにバケットとチーズをのせて出来上がりです。
とても簡単なので、
お試しあれ!



by 係長 サン
[PR]
by devik | 2014-04-04 10:46 | たべもの | Comments(0)

今月も

今日は久しぶりに
うっすらと日暈がみえました。
日も冬からすると高くなってきたので、
なかなかまぶしくて、その周辺さえ
直視できませんね。
ただ、日暈になっている時は
まさに「氣のせい」で、
誰でも無い誰かが教えてくれるんですね。

30日Xクラスのフレアーも出て
さまざまなメッセージも届いていることと想います。

ぼくの感覚を一こと言えば
「情に掉さすな」ですw
きっぱりと
手放しありがとうを伝える。
ごめんなさいを伝える。
たとえ言葉でなくとも
想うだけでもいいから
きっちり自分の流れにもどること。



f0233661_17231511.jpg



さて、今月もゆるーい瞑想します。
本日からちょうど一週間後の火曜日になりますね。

日程: 2014年4月8日(火)

時間: 受付19:30~、開始20:00~、(シェアリングを含めて21:30くらいまでの予定)

場所: 青梅市民センター(青梅図書館2F)多目的室

参加費:無料

予約: 必要ありません。直接会場へお越しください。

下に敷くものや羽織るものがあると暖かいので、持参されるとよいでしょう。ヨガマット貸出の用意もありますが、レンタル代は100円で、枚数に限りがあります。

お腹いっぱい食べたあとは眠くなりやすいので、夕飯後参加される方は軽めの食事を推奨します。

瞑想がはじまってからの入場はご遠慮ください。気持ちよくスタートするために、20時までに用意をすまされてください。(受付は19:30ですが、19:15にはお部屋にはいることができます。早めにいらしてもOKです。)

瞑想終了後、シェアリングタイムがありますが、お時間のない方は帰られてもけっこうです。



* * *

不思議に、グループで瞑想すると
お腹が満ちて、
ぐっすり眠れます。
仕事上がりにも
おすすめです!







by 係長 サン
[PR]
by devik | 2014-04-01 17:23 | つながり | Comments(0)