愛と喜びと感謝と幸せ   ここはコニーヅ劇場


by devik
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

三年番茶

飲んだとき、
久々に美味いほうじ茶にあたったと思ったら
三年番茶とのこと。

この番茶、
化学物質過敏症の方から
頂いきました。
その方は無添加やオーガニックなものでも
生産工程でちょっとでもだめな化学物質にふれると
身体が反応してしまうそう。

f0233661_13273863.jpg


頂いた番茶は震災前のものらしくて、
もしかすると(その方にとって)
それ以降のものでは
ダメなのかなぁと想ったり。

本人にとってとても貴重なものを頂き
感謝する一方、
ろくでもない袋小路から抜け出し
滞りから循環の世の中になっていることを決めましたわ。
まず、こうやって何かのきっかけで
知ることですね。

ちなみに、三年番茶はマクロビ実践者には
おなじみだそうで、
カフェインも少なく
陽性にちかい中庸飲料とのこと。


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2014-02-26 13:29 | つながり | Comments(0)

雨水

本日、二十四節気「雨水」の日は
二つの幻日と太陽アークの3本セット。
雪の前の日も幻日がみえたから、
またもとも思いもしたが?
さあどうでしょう。

f0233661_1051089.jpg


自分の想い方次第で
全然違う世界を見るし
創造できる。
ただどちらにしても
全部まるまるあじわうことに
精一杯生きよう。

f0233661_1043194.jpg


だから?っていわれて
何もできないのでなく
穏やかな想念で全てをくるもう。

f0233661_1054055.jpg


知ることは大事。
ただ、知るという渦に
巻き込まれても仕方ない。
日のもとに知るをさらして
智恵になっている。


雪が雨となって落ちてくる
季節のはじまりの今日に
想うのは、

水はぼくらの鏡
よく世界が
観えていれば
水とひとつ


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2014-02-19 12:04 | 天使 | Comments(0)

あたたかいゆき

東京で雪が降ると東京の人がはしゃぐ姿を見て
東北の方が冷静に「東京の人は・・・」ってな感じで
冷めているのをよく見ることがあります(笑)

でもあまり雪の降らない土地に住んでいると
雪が降るとなにかのスイッチを
いれてくれることがあります。
けっしてすきまややる気スイッチではありません(つまらんね、冷や汗)

f0233661_14263657.jpg


ぼくが修士論文を書かなければならない年に
ノイローゼ状態になってしまって、
ひきこもっていたときがありました。
その年の2月にやはり東京に大雪が降りました。
そこで、
母親と一緒にどんどんつもってゆく雪の上を
夜な夜な散歩に出かけたことがあります。
今考えるとおかしな親子です(笑)
おまけに20代そこそこの息子も息子ですよね。
もうマザコンです(笑)
でも、当時それぐらいまいっていたんですよね。
今からするととても滑稽ですが、
とてもなつかしく大事なことのように想えます。

その雪で見通せない景色の中、
確実に足跡だけ残ってゆく雪道を歩きながら
童心にもどりつつ、その雪が跳ね返す
光の反射と、雪の上の感触で
確実に浄化されていきました。

今日の雪はその時を想いださせてくれます。

雪はとても冷たいのに
温かく感じるのはなぜでしょうね?


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2014-02-08 14:40 | 天使 | Comments(0)

手を握ったら

手を握ったら最後!
今まで社長が手にした絵本は
その世界にすいこまれるというより
引きずられる(笑)

今日は、福生の中央図書館にへ
『なつみかんのおへそ』が
借りられていないかを確認しにいきました。
というのも、この絵本この図書館では大人気で
いつ行っても貸し出し中。
今日は借りられることになっているのでしたが
なかなか見つからない!
それで、社長が偶然に手にしたのが、
またまた深見さんの絵本でした。

f0233661_21222448.jpg


この本は「おへそ」でなくて、
足が暴走します!
やはり、吸い込まれる前に
ひきずられるのです(笑)

社長は夏に読んだ、
『なつみかんのおへそ』に増して
さらなるワンダーを手にしましたw

でも、ここに書かれているお話は
かならず元に戻る。
現実にちゃーんともどってこれる仕掛けがしてあるようで、
何か宝物をみつけ持ち帰った
海賊のようのな気分になれる、
そんな気がするのです。

是非、本屋さんで見つけたら
贈り物に!


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2014-02-01 21:22 | Comments(0)

受け月

会社の帰り道、
閉じた片目が
ゆるむ。

昨日迎えた
旧暦の元旦。

その新月の目が開いて
受け月に。

受け月を盃にして
冬銀河

ついついこぼれてしまう。
こぼれてしまわないようにしても
こぼれてしまう
いっそ、空一面にこぼしてしまうか。

f0233661_19584549.jpg


新月の目も年もあけ
旅はじめ

ぼくらはつねづね
地球と一緒に旅をしている。
その意識を再確認して
旧暦の年明け翌日です。


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2014-02-01 19:54 | つながり | Comments(0)