愛と喜びと感謝と幸せ   ここはコニーヅ劇場


by devik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2013年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

最近の空

最近、太陽が以前と違う輝き方をしているような気がします。
これは昨日の空です。

f0233661_20361954.jpg


空が多重な感じです。
そして、
今朝は久しぶりに太陽アークをみました
f0233661_20371478.jpg


最近、「重力は存在しない」という
記事を読みました。
なにげない記事でしたが
思い込みがほどけてしまうと
世界の味方がかわりますね。

f0233661_20381974.jpg

f0233661_20385181.jpg


当たり前を見直すって
とても大事なきがしますね。
9月はそんな月だったきがします。

最近、
「わたし」がよりひろがっている気がします。
私の豊かさはつながているすべての豊かさであると想います。
このときの「私」というのは、もはや
ぼくらが以前まで想っていた「私」でないのかもしれません。


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-09-28 20:39 | 天使 | Comments(0)

月のチューニング

今日は中秋の名月ですね。
コニーヅも社長と部長とともに
お月見を先ほどまでしていました。

f0233661_2042256.jpg


今日は月の周りを宇宙船や龍が
祝福するように
集まっているように想えました。

f0233661_20433985.jpg


ずっと見ていたものから
うろこのようなものがはがれおちて
見ていたけど観なかった
背景とのあいだに
あたらしくてなつかしいものが観えてしまう。

f0233661_20443612.jpg


ここのところ、
古いものや考えを手放してしまう人が多いですね。
そんな時期なのかしら?
ぼくも身体の張りもいつのまにか
手放していまいました。

何かを学びに行ったり
何かをしなければならないということもなく
手放したかんぢです。
何をしたかと強いて言えば、
毎夕、虫の音や空の色に
洗われていたからでしょうか。

自分が何をしたということもありません。
自然と一体になったというより
一体だったということでしょう。

f0233661_20453118.jpg


素直に想う
ということがいかに
大切な事か最近よく観じます。

時に、滞りをチューニングするために
矯正や調整もありだと想います。

ただ、いつも与えられている事を
忘れないでいれば
新陳代謝は自然に行われ、調い
常に感謝である事を覚えている状態であるんだなぁ
ときょうの名月で観じました

ありがとう

by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-09-19 20:50 | 天使 | Comments(0)

虫の声

本日から、ますます秋が
輪郭を帯びてやってきています。

ここ福生でも
窓をあけると涼しい風を
招きいれることができます。

f0233661_2130227.jpg


部屋を暗くして外に意識をもっていくと
虫の声が聞こえます。
しかも、何種類もの声が聞こえてきます。
ときおり、ちっちっちっと鳴く音が。
調べてみるとカネタタキという虫だそうです。
虫の音は奥が深いですね。
自分のナーダ音と虫の音がシンクロして
うちなるもとそとなるものが融けあっているよう。

やはり自然はかけがえのないチューナーです。

今日は横田基地の飛行機が
やたらと低空を飛んでおり
まことにもって興ざめですが、
この美しい夜空を飛んでいる
パイロットの眼にうつるものにも
興味があります。
そんな美しいと想える
光景を常に見続けていられますようにと
パイロットのためにも祈ります。

あともう数日で、満月ですよん。

by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-09-17 22:36 | つながり | Comments(0)

台風のおかげ

日曜日、月曜日と二日間、
台風のために、家に引きこもっていましたが、
その分、料理の仕込みなどをして
楽しむことに。

部長の実家からEM栽培の野菜を沢山頂いたので、
トマトはトマト―ソースに、
大量のバジルはバジルペーストにしました。

バジルはジェノベーゼにしようと想ったのですが
あいにくスーパーで松の実が品切れで
オリーブ油とガーリックオイル、塩、バジルを
ミキサーにかけペーストにしました。
煮沸した瓶に
詰めた後、蓋を緩く締め、鍋にお湯をさして
ペーストを詰めた瓶を入れ、
瓶蓋に湯がかからない程度の湯量で15分ぐらい煮沸。
そして、やけどしないようにとりだし
そのまま冷ますのです。

このペーストは数週間ぐらいは日持ちするといっても
はやく使う方がお美味しいと想い、
ついでに、
平内パスタをねることに。


f0233661_20183430.jpg



岩手の地粉と全粒粉を3対2ぐらいの割合で
100グラムぐらい。塩こさじ1
卵一個、と水少々。
水は生地の硬さを感じて、耳たぶのかたさになる程度にいれます。
30ミリから40ミリ程度かな。小麦粉によっても違ってきますから、
やっぱり柔らかさの感覚が大事ですね。

これを混ぜてこねて、20分以上寝かしました。
(これで2食分くらいかな)

この生地を寝かせば少し水分がなじんで
ひろげやすくなります。

のばすときは打ち粉をふって
平らにうすくのばします。
ピザ生地を広げる要領です。

f0233661_20424059.jpg


水分量の関係で、ピザのように
なかなか薄く伸ばせませんが
できるだけ薄く伸ばすほうがベターですね。
ゆでた後になめらかな触感になるのは薄い方です。

1回目は手慣らしで、薄さもほどほどでしたが
2回目はほどよい薄さで、茹でてみるととても美味しかったです!

f0233661_20215980.jpg


ソースはバジルペースト&パルミジャーノのシンプルな味付け。
もちもちしてなおかつ味がよくしみています。


f0233661_2023675.jpg


ふた皿目は、無農薬トマトソースとアンチョビのソース。

f0233661_20241712.jpg


クリーム系のパスタの方がこの麺にはあうと想いますが、
こちらのほうが、食後とても胃に優しい仕立てになりました!
(もちろん、このソースに生クリームをいれてもO.Kですが。)
バジルはもともと胃を快活してくれますし、
社長もバジル嫌いですが、
ばくばく食べていました!


手打ちパスタなんて
難しいかなぁなんて過去には思っていましたが、
この日は出来上がるイメージが見えたので、
意外と簡単にできました。
クオリティもなかなかです。
意識してつくれば、プロ級とまではいかないかもしれませんが、
なかなか良い線までいくのではないでしょうか。

人生、やるまえに難しいとかできないとか思って
できなくなっちゃうことって多いと想いますが、
マイナスのイメージでなく、
出来上がった時のイメージを大切にしていれば
料理はさほど難しくない気もします。

料理でもなんでも
失敗したことはたくさんありますが、
それが膨大な糧になっています。
なによりも出来上がりのイメージがある限り
出来上がるのは自然なことなのかもしれません。
練習や、デキル「プラスイメージ」が
その完成を確実なものとするんですね。

だからか、
想った時には、できている状態のようなもんだと
つくづく想います!


by 係長サン
[PR]
by devik | 2013-09-17 14:29 | たべもの | Comments(0)

台風一過

台風一過で
15時頃から
2日間部屋に閉じ込められていた人の
散歩姿が見られました。

そして、17時頃、
部屋の色がヴィオレットに変わったと想ったら
ものすごい美しい夕焼け。
多摩川の土手に急いでいってみると
夕焼けを見つめる方々たくさんいました。

夕焼けに足を止めるひとが
正直こんなにたくさんいるとは想わなかったです。
おそらくそれぐらい美しい夕焼けだったのだと想います。

台風一過でとても青い空と夕焼けの青のコントラストが
たまりません。

台風の去ったあとはかならずといっていいほど
ギフトがあります。

日が沈む前に、キリギリスの声が聞こえはじめ
しばらくすると
コオロギの声が空気を埋めます。

空の色のチューニングと
台風によるスイッチの入れ替え。

ぼくらはもっと
どでかいところでいきていることを
呼び起こしています。


f0233661_19462672.jpg

f0233661_19472911.jpg


f0233661_1948288.jpg

富士さんもお目見え。

f0233661_1949501.jpg

お月さんもおぼろながら
風にぶれません。



by 係長サン
[PR]
by devik | 2013-09-16 20:01 | 天使 | Comments(0)

バゲットがあれば

パンとワインとチーズが好きなら
フランス人に誰でもなれますよ、
なんて、フランスに行った時に、
フランス人ガイドにいわれたことがあるけど
ぼくは結構これで食生活を楽しめる。
でもね、
ぼくは玄米が恋しくなると想うので、
今世ではずっと日本人でしょうね。

ただ、ブルターニュには
住みたいなぁとも想った事があます。
リンゴとそば粉好きなのかな(短絡的思考ですが!)。
なら長野へってな感じですね。
信州にすみたいなぁという想いもあるから
不思議です。

さて、子供のころはバゲットなんて
そのまま食べる気がしなかったけど、
最近、なにも付けなくても美味いなぁという
バゲットによく出会います。
福生近辺は美味しいパン屋さんが増えているので
何件かお店を気分を変えて廻っています。

そして、だいぶ前から
ハード系のパンでお気入りなのが
福生のパン屋さん、
クラウドナインベーカリーです。
ちょいと自宅からは離れているので
毎日は買いにいけないのですが、
部長がそちらに用があると買ってきてくれます。

ところが、この数日、食べたくて、通いつめています!
今の気分なんでしょうね。
ワインも美味しく感じられる季節ですしね。

f0233661_11103541.jpg


ここのバゲットとカンパーニュ、いちじくのパン、
リュスティックハーブチーズが部長とぼくのお気に入りです。

バケッドはソビニヨンブランとめちゃくちゃ相性がいいです。
シャルドネよりソビニヨンブランです。もしくは甲州ですね!
なんて、言っていますが
個人的趣味かもしれません。
最近、甘すぎるシャルドネばかりにあたっているからでしょうか?

リュスティックハーブチーズは1~2分オーブンであぶる程度に焼くと
風味が爆発的に増します。白ビール、白ワインにあいますね。
いちじくのパンは赤ワインかシードルとあわせつつ、
意外とシングルモルトスコッチにもあうと想います。

福生の西友の近くなので、
リカーベース福生で手頃なワインを手に入れて
ここのパンで秋の夜長を過ごすなんて
いいですね。
ふふふ。


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-09-13 11:10 | たべもの | Comments(0)
木蓮がまた咲いていたのを見つけました。もう9月です。
近所のおじさんは狂い咲きといっていましたが、
ぼくには言葉のように観じました。
木蓮は通常春先に年に一回咲いておしましです。
この木は今年なんど花をつけたのかな?

f0233661_181355.jpg


今、ぼくらは自然とのつながりを再び観じようとしています。
自然の恩恵にどっぷりひたったなかにいて、
それをかえりみることをしないと、
自然のリズムが変化した事が
自らの身に及ぶまで気づきません。

地球は今より大きなエナジーを放出しています。
ぼくらには地震や竜巻、
豪雨と行った形ばかりにフォーカスしてしまいがちですが、
このエナジーはひとがしてきたことを洗い清めるために見えいてる
ほんの一部の現象です。
それだけでなく、地球は僕らのほとんど気づかない創造を
常にしており、ひともそれを享受しています。
この地球の声は、ご存知である通り
この自然の理のなかにある
ともだちである人間への語りだと想います。

耳をすまして自然がつくりだす音に敏感になりましょうね。


by 係長サン
[PR]
by devik | 2013-09-08 18:01 | 天使 | Comments(0)
ひとは常々
成長発展して生きている存在だと想います。

ぼくの小さいころの福生よりも
今の福生の方が断然住みやすいし、
3年前の自分より今の方が静かに暮らしていても
エナジーに満ちている。

沢山の恩恵を頂いていることを自覚していれば、
そう気づくのも
当たり前のことですけどね!

さて、日曜日は社長(息子のソース)と
ピザ生地づくりをしました。

ぼくの指導はけっこう厳しいです。
ほめもするが、格好だけつけていると
「空気の入れ込みがたりな~い!」とか言ったりして
かなり指導も熱くなるし、
何よりも美味しいものが食べたいから
真剣です!

そして、社長も結構そうした指導を楽しんだりして(笑)


f0233661_13103048.jpg



子育ては簡単ではないけど楽しいですね。
何より、
圧倒的に子供から教わることの方が多い気もします。
教えるというのは相互作用ですものね。
そして、循環です。


社長はどちらかというと言っても聴かないタイプだけど、
知らない間に、しっかりと聴いていたりもするので、
どこかで安心しています。
そして、
なによりも自分で観じて、想い、
ゆずりたくないところは
ゆずらないので泣いたりもする。
そんなところが好きです。

社長が想った事はできるだけやらせてあげたい。
けど、
なかなかぼく自身余裕がないこともあります。


だから、小さいながら社長にも
自分の意志を、自分自身で創造して
つらぬいてもらいたい時もあります。

そして、社長には
黙っていても、
いろいろなひとやものの恩恵を
受けて成長していることを
いつか気づいてくれればいいなと想っています。

そして、
いろんなもののエナジーを奪うのではなく
受け入れたなら、そのエナジーを
循環してもらいたいなぁとも。

ぼく自身もね、これを肝に銘じて生きています。



by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-09-03 14:00 | 天使 | Comments(0)