愛と喜びと感謝と幸せ   ここはコニーヅ劇場


by devik

<   2013年 06月 ( 41 )   > この月の画像一覧

この数日、無性に野菜のエネルギーをいつもよりも
必要として、部長の当番を奪って
晩ご飯を創っています。

だって、野菜は太陽の恵みを直接
大きくうけたものが圧倒的多いですからね!
太陽を食べているようなものです。

f0233661_23464518.jpg


最近のお気に入りが、炒め漬け。
きうり、にんじん、セロリをガーリックと鷹の爪で香りをつけた
油で炒めて、
寿司酢(無添加のもの)と醤油を1:1の割合で味付けして
ごま油で馨りづけしてできあがり!
これを冷蔵庫で冷たくなるまで冷やすとめちゃくちゃ美味しい!
適当な寿司酢がなければ、メイプルシロップかてん菜糖と酢を混ぜて
使うとさらによしです!
(寿司酢が微妙な味のものがおおいものね。うちは成分を見て
米酢、蜂蜜、粗糖、塩だけというシンプルなものを使っています。
普通のスーパにも米酢、砂糖、塩、昆布だしだけというものもあります。)

f0233661_23474394.jpg


二品目は部長のブームがオクラなので、
オクラの梅肉和え。
これ、子供でもできるレシピ。
オクラは塩で板ずりして、1分程茹でる。
適当に縦に切り、
梅干しを微塵にたたいて、醤油をくわえたものを和えて、
じゃこをのせただけ。
梅干しに塩気が多い場合は醤油はほんの少しでO.K.
これはおとといも創りました!
塩もみした千切りのきうりと胡麻とあえても美味しいよ!

f0233661_23483955.jpg


そして、見た目悪い(笑)けど、甘くて抜群に美味い
焼き茄子。
ショウガ醤油とかつをぶしで。

f0233661_23491617.jpg


それでもって、今晩唯一の炭水化物、
社長が掘って来たじゃがいも!
このじゃがいも皮が薄くて、下手に料理をしないで
単純にふかして頂きました!
芋の味は吹かし芋でだいたいわかります。

ちなみにこの芋は
食べた後味にびみょうな苦み、かかりがなく
とても美味い!

みんなでワクワク感をもって育つのを待ったものは
できばえもひと味違います!

連日、野菜を調理していると
嬉しく、有難くなります。
そして、からだにも負担が少ない事を
よく観じます。

大地の恵みに

感謝!

です。


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-06-23 03:46 | たべもの | Comments(0)
ご近所さんの木蓮が今年も
二度咲きしそうです。

地震の兆候だって言う人もいるけど
毎年2度咲きしてるんだから
うれしくってたまらなくって
咲いているんだろうね。

ぼくらは幸せの上に存在している。
こんな幸せな地球の恵みの上にたっている。
ここに気づいて
この幸せから始める時が
やっときたんだ。

f0233661_172689.jpg


さて、今日は、あめがふったりやんだり、
ぼくにとっては
とてもワクワクする天気でした。

そう、虹が出るかも!
と想って、
会社の側の歩道橋の上から、
いつものように変人だとおもわれながら
ぱしゃぱしゃと写真をとろうとおもいましたが、
虹がでていませんでいした。

f0233661_1713534.jpg


でもね、ふと、太陽が雲からかき分けるように
でてきたら
彩雲があらわれました。

f0233661_1723637.jpg


とても不思議なのは
その瞬間、雲とコミニュケーションをとるかのように
「これからだよ」ってお互いうなずきあったのです。

ぼくらは様々なものにかこまれて
さまざまな心の色を観じて受け取っています。

そんなことはない、

想っている人も
どっぷりその恩恵にひたって
気づかない事もあるんです。

ぼくらはさまざまな色の見方を学び、
さまざまな見方も覚え
ひとつへと収斂している
最中、
決して楽しくないと想われるなかでも
決して楽しくない事は無く、
それぞれそれぞれのテイストを味わい
愛を豊かにしているのです。


 by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-06-22 23:15 | つながり | Comments(0)

サボさま

会社の近くを歩いていましたら
ご近所さんの家でサボテンが咲いていました!
福生にはもうひとつ立派なサボテンがある家があるようなのですが、
そこも咲いているかなぁ。
行ってみたいです。

ぼくにとってのサボテンは電磁波から
守ってくださるイメージなので
この花にはかなり感動しました。
チクチクするだけじゃぁないんですね。

f0233661_15472220.jpg


さて、18日の写真を整理していたら
薄くてわかりずらいのですが
日暈になりかけた太陽がありました。
その日、日暈が見えたのですが
写真に撮るとなかなか写らないので
気のせいかと想っていたんですが、
微かに写っていました。
(ちなみに18日は部長の誕生日でした~)

f0233661_1548437.jpg


最近、周波数によって見える空や雲が
違うような気になります。

きっとそれぞれ、同じ場所を見ても
違う風にみえているんだなぁと
感じたり。

そのそれぞれの感動を共有して
コミュニケーションできる地球は
ステキすぎます!

by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-06-21 20:20 | つながり | Comments(0)

夏至

深くねざし
握るのは
味わうため

f0233661_9185051.jpg


豊かに伸びて
ひらくのは
手放すため


二極にみえる
エネルギィのベクトルは
相互に血が通い
循環して
宇宙のながれそのものなんだね。




by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-06-21 14:09 | 天使 | Comments(0)

血管

この絵ができあがって
セラフィムをおもいました。
セラフィムは愛の力をまっとうにみせて
焼き尽くすというより
自身にそなわる愛を見いだすように導く天使なんだと想います。

f0233661_17394426.jpg


ぼくらのからだに血が巡っているのは
僕らを活かしている、
というだけでなく
血や、細胞を巡るすべての
ぼくを活かし世界を活かし宇宙を活かしている
微々たるエナジーが意志をもって
存在しているからなんです。

ぼくらが勝手につくった「あく」なんて
簡単に燃え尽きてしまう。
それよりも
ぼくらが根源よりそなえる
愛の振動をしっかり
確実してしまうように
セラフィムは今日も
共振しています。


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-06-20 22:33 | 天使 | Comments(0)

ばらの銀河

いろいろな雲の周波数があり
いろいろな雲の色がある。

そして、
きみが見ている雲の色と
ぼくが見ている雲の色が
同じとは限らない

f0233661_14572532.jpg


けど、
おなじものをハートの目で触れて
違う色で見ても
話を通じ合わせ
そこで何かを創りだしているとき、
ばらの銀河が沸き立つ

さまざまな花たちのひらきは
それぞれの色を放ち
それぞれの目が
それぞれに受け入れて
それぞれがその違いを
ひねったり、よったり、のばしたり、時に、
消したり、点けたりして、
出会ったり
離れたり
輪を幾重にも描いている



by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-06-20 00:36 | 天使 | Comments(0)

awaking

記憶を解くと
記憶がよみがえるわけでなく
その記憶も
その今に
創られている


f0233661_14224120.jpg


天使は記憶の
憶を解く

めくるめく創造の路上に
それぞれがあって

各層が
それぞれ
分け隔てなく

潤っている



by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-06-19 09:36 | 天使 | Comments(0)

happy bithday

毎日がハッピーバースデイ。

喜びが細胞分裂して
新しいわたしを創造している。

f0233661_16233861.jpg


毎日がハッピーバースデイ

祝福して祝福されて
新しいきみを創造している。


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-06-18 18:00 | 天使 | Comments(0)

ふとした瞬間

昨日は
ふと見上げた空に
浮いている月が上弦の月でした。

この「ふとした瞬間」っていうのが
とても大事な気がします。

何かの切り替わりっていうか。


f0233661_956961.jpg


最近、北枕にして眠っていたのすが、
もうそろそろ南向きや西向きににしてもいい頃あいかなって
思います。
今朝は途中で南向きに変えたら
すっきり目覚めることができました。

身体の調整時に北枕はおすすめですね。

さて、会社の姫睡蓮は好調です。
本日、2連咲きです。

f0233661_1013957.jpg


花が開くというのは
新しい波がおこるということです。
あらゆる世界の喜びの波に
ふとした瞬間
足を止めて味わいましょう。
その時きっと、あなたからも
新しい波がおこっているのです。

by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-06-18 10:03 | 天使 | Comments(0)

a bird's eye

a bird's eye

いつからぼくらは
観るという役割を
目にゆだねたのだろう。

f0233661_17234179.jpg


鳥の目は澄んでいて、
その目にうつる空間が
実はじっとぼくらを眺めている
目であったりして、
気が抜けなかったり。

けどね、
ときに目だまをかさねたりして
ぼくらの
支配欲を解いてくれる。

by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-06-17 18:06 | 天使 | Comments(0)