愛と喜びと感謝と幸せ   ここはコニーヅ劇場


by devik

<   2013年 06月 ( 41 )   > この月の画像一覧

耳鳴り

耳鳴りって
静まりかえったときに
主張してきます。
普段はそんなに気にしていないのですが、
眠る前とか、
耳鳴りに意識すると
ますます
きになってしまうことも。

ただ、ぼくはこの耳鳴りに集中して
眠りにはいることがあります。

f0233661_14332088.jpg


もしかすると、
耳鳴り以外にも鳴り止まないなにかがあって
それに気づいていないぼくらがいるかもしれません。

ぼくらは呼吸していることを普段意識していないですよね。
なので、当たり前すぎてきづいていないことが
たくさんありそうです。

また、
ぼくらはいろいろなものに支えられている。
それも気づかないものがたくさんありそう。

当たり前に生きているという事自体が
とてもすごいことなんだなぁって
想う今日このごろ。

そして、人って実に精妙にできているなぁとも
実感しています。


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-06-29 14:33 | パステルアート | Comments(0)

なにものにもならない

最近の晴れの日の雲は虹色がかって見える。
彩雲とかじゃなくてね。
僕の目がおかしいのかとおもったけど、
意外に雲の粒子がひかりを受け入れる
度合いを精妙にしているのかもしれないね。

f0233661_14364414.jpg


カメラでよくうつらないものだから、
なかなか実感がわかないかもしれないけどね。
今日(12時回ったから昨日か!)は彩雲というよりも、
やはり虹がかった雲が見えました。

f0233661_1437367.jpg


こういう時は高い雲というより
低い雲。
ぼくらに近い雲。

f0233661_1438968.jpg


さて昨日、
社長(4歳)に「将来なにになりたい?」ときくと、

「なにものにもならない」

と応えた。
予測していたことではあったけど(笑)
ことばも、そんな意味で言ったというのではなく
言葉通り
「なにものにもならない」と!

「なにかになる」というのも楽しいけど、
「なにものにもならない」と
言えてしまうのはすごいなって想った。

今を生きているものに
欠けているものはないのかもしれない。

もう、「なにになりたいの?」なんて
野暮な質問を社長にするのは
やめにした。

もしかすると
ぼくらはすでに
ゴールにいるのかもしれない。

ゴールドに輝く
ゴールにね。


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-06-29 00:03 | 天使 | Comments(0)

いのりみのり

ぼくら自身が
神様の祈りのようなもので
実りとなっている。

f0233661_17144186.jpg


だから
ハートの声にに忠実であればあるほど
ぼくらがすでに実りを迎えていることを識る。


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-06-28 12:36 | パステルアート | Comments(0)

つながりを観じている

よく小学生が考えるように
「もし空気がなかったら」と
思う前に
空気がある事に
びびびっと
びびった。

これはすごいことだよね。
空気だけじゃないと
その次の瞬間観じたけどね。

そして、そのまた次の瞬間
なんでそうした日常の奇跡の連続で生まれて来てまでも
悩んできたんだろうなって。

そして、
来月の健康保険の
振込の締め切りとか考えちゃって
とても楽しい。

f0233661_9362233.jpg


昨日、
身を削ってなりたい自分になって
なににもならなかったことを想像したら
とても笑えてしまって、
逆になりたい自分のハードルが吹き飛んでしまった。

自分でも知らないうちに「なりたい自分」っていうものを
抱えている時があるんだけど
この今生きている存在からしたら
思っていることはセコイな。
でもさ、そのセコイ自分も嫌いじゃないぜ。

ただ、やばいぜ地球、
すごすぎるって観じる。

そう、
やばいぜ宇宙。
すごすぎるね。

by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-06-28 00:36 | つながり | Comments(0)

ニルヴァーナ

天気って、文字通り、天に気が満ちていることだなぁって想う。
晴れの日をお天気っていうのも
ある意味、
全ての日が晴れの日だからじゃないかと想うんだよね。
雨の日も、曇りの日も、雪の日も。
天に気が満ちている。
普通に晴れた日はまさにニュートラルに天気なのだろう。

f0233661_2133042.jpg


さて、おとといのどしゃぶりが
梅雨明けまぢかを観じさせてたけど、
昨日はしとしとふって、まだかと想わせたけど
今日は、もうそろそろ真夏の準備したまえと
いわれたような空だったな。

f0233661_21334667.jpg


特に、夕方の空は美しかった。
鶯がよく歌っていてね。
空気も新しい芽がでてきたような匂いがして、
ほんと、いろいろなものと繋がっているんだなぁって
実感しました。

f0233661_21343467.jpg


そして、彩雲が見えてきたので、写真ぱしりぱしりと
はじかせて撮ってはみたものの
不思議に、カメラにはあまり写らんのですね。
それもなんとなくステキでね。
僕の目凄いとか想ったりして。

f0233661_21352450.jpg


さて、夜はとても気分よく
社長がキャンドルつけようといったので、
蜜蝋キャンドルナイトに。
なぜか社長は水泳帽をかぶっている(笑)
写真にはのせませんでしたが!
すると部長が
「燃えるって手放すことなんだよね」って
キャンドルを売っていたひとが言っていたと
ぼそっとつぶやいた。

それじゃ、吹き消すってことは?


ジーンとするなか、
社長が、
「吹き消してやる」と鼻息があらく
誕生日のように蝋燭を3つ吹き消したのさ。
もう、きみは4歳なのにね!


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-06-27 22:21 | つながり | Comments(0)

新陳代謝

頭でできると思うことばかり
やっていると
本当にできることが
見えなくなってくる

いろいろな
角度からとりくみ
あじわい

できないと
「思う」ことに
驚嘆してみることも
時は必要だったり

「できない」と潜在的に
暗示をかけて眠らせていると
可能性は腐るのだ。


f0233661_932538.jpg



その「できない」を
創造力にかえて
手放している

ゆるすということは
新しい「私」にスペースをあけること。

愛しているという動詞が
顕在的に観じられる時は
あらゆるすべてのものごとに
感謝している時。
この今に私と他を分離させるものはない。



by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-06-27 00:36 | つながり | Comments(0)

ミカエル

かたちのないものに
かたちをあたえるのは
ぼくら自身。

f0233661_9343637.jpg


分離分解したあとは
融合創造がここにある。


創造のただなかに
虹の輪をくぐりぬけるだけ。



by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-06-26 17:02 | 天使 | Comments(0)

記憶をほどけ

世の中には
自分が天使だと気づいていない
天使がまだまだ
たくさんいる。

f0233661_17421455.jpg


いつのまにか
なにかしらわからない
「条件」がぼくらをとりまき
ぼくらを得体のしれない
なにかしてしまった

f0233661_17421943.jpg


ぼくらが天使だと気づこうが
気づくまいが
ぼくらは天使だし、
ごたぶんにもれず、
きみは
とっておきの天使なんだ。

この時代に
生まれてくるなんて
とっておきのとっておきだって
ついつい
鼻息が
あらくなるってなもんだぜ。


by 係長サン
[PR]
by devik | 2013-06-25 17:46 | つながり | Comments(0)
昨日の晩ご飯は揚げ物だった。
揚げもののときはついつい揚げすぎてしまう。

それでもって、お腹いっぱいになった時に
カリフラワーの唐揚げがやってきた。
唐揚げと言っても
片栗粉をまぶした素揚げ。

もうたべられないと想ったので
塩をふって、寿司酢をかるくふって
冷蔵庫に。

f0233661_20263324.jpg


翌日、食べてみる。
実に美味しい!
カリフラワーもかるく揚げておいたので
もはやサラダですね。

こういうやり方があったね!


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-06-24 20:29 | たべもの | Comments(0)

tama

鳥の歌声が沢山聞こえる。
雀や燕もそうだけど、遠くで鶯もうたっている。

会社のカメラを新調したので
多摩川までぶらっと散歩。

f0233661_15301569.jpg


アオサギかな?

自然ってかたくるしくないねぇ
ぼっとしていると
とけこんでしまう。

ぼくらも自然だからね
やすみの日は特にそう観じる。

ぼくらをしばりつけているのは
ぼくら自身なんだって
ほんとうに想ったよ。

さて、今日は満月。
しかも、地球にもっとも近づく日。
今、ここ福生では曇っているけど
見られるかな。


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2013-06-23 17:51 | つながり | Comments(0)