愛と喜びと感謝と幸せ   ここはコニーヅ劇場


by devik
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ヴェジ餃子

菜食であろうが、肉食であろうが、
感謝を忘れていたら身体とこころにとって
不調和なのは同じことのように感じます。
「食材にさわることは命ふれること」っていう
TVコマーシャルのコピーがありますが、
ほんとうにそうだと思います。

さて、部長の気持ちが自然と菜食に移行しているので
わが社も菜食へ移行しています。
夏野菜はエネルギーに満ちていて、
まさにありがとうという気持ちが自然とわきあがります。

昨晩は、部長手作り餃子でした。
しかも、ヴぇジ餃子です。

材料は餃子の皮、キャベツ、エリンギ、シイタケ、ダイコン、ニラ、にんにく
モロヘイヤ、長ネギ、味噌、醤油、ごま油。
ほんとうは、大葉とすった蓮根を入れる予定だったんですが、
忘れてしまったそうです。

モロヘイヤは近くのスーパーマルフジのパートのおばさんの
アドバイスらしいです。

f0233661_11521350.jpg



味は、けっこうさっぱりで行ける!
いや、かなり美味いかもしれない。
さすが、部長。
胃はもたれないし、
翌朝の便通は素晴らしい(笑)

また、
揚げ餃子にすると最高だと思う。
改良点は、もちろんあって、
それは味の深みです。
さっぱりはいいんだけどね!

エリンギの代わりにシメジ、
そして、刻んだ高野豆腐か麩をいれることで
さらに巧く行く感じ。オカラでもいいかな。
今回はモロヘイヤの分量が多く、
モロヘイヤはいれるとgoodだけど、
量は控えたほうがいいかもしれない。
次は蓮根を入れて、改良してみます!

by 係長 サン
[PR]
by devik | 2011-07-30 12:01 | つながり | Comments(0)

サニーショコラ

生野菜に消化酵素がふくまれているとのことで、
野菜をいかに美味しく生で食べられるかが
最近、楽しみです!

今日はあきる野ファーマーズの
とうもろこしをお客様がお土産にもってきてくださいました。
そのコーンは生で食べてもとても甘いとのこと。
昨日、隣町がTVで放映されて、お客さまがお買い求めになったそう。
その名もサニーショコラ。

f0233661_12433980.jpg


本当に、生で食べても甘くて美味しい!
しかも、活き活きとしたエネルギーをたくさん感じられます。

ゆでればさらに甘味は大きくなりますが、
生のしゃっきりじゅわっとした甘味は生独特のものです。
おすすめです!


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2011-07-29 12:46 | つながり | Comments(0)

ジャガースープ no.3

さて、トウモロコシの食べ方は
意外と、ごくごく一般的な食べ方だったらしく(笑)
この歳にその食べ方が経験できてわくわくしました。
日常なにげなく習得しているものを
別なフォーカスで見ると
驚く事がたくさんありますね。
こうやって呼吸している事さえも
当たり前のようで
とても、奇跡。
当たり前と奇跡は同義語なのかなって想います!

今朝は、朝からヴィシソワーズをつくりました。
昨年ここで載せたジャガイモポタージュとは若干違う作り方です。
ジャガイモ&レンコンポタージュの作り方と混ぜ合わせた感じ。

材料はジャガイモ、ネギ、タマネギ、昆布、塩
豆乳、牛乳です。

玉ねぎと長ネギをみじんぎりにして
炒めます。

水から昆布をもどし、火をかけ沸騰したら
ジャガイモをいれます。
昆布はある程度したらとりだします。
じゃがいもくずれてきたら、
いためた玉ねぎをいれて、塩をいれます。
じゃがいもがとろとろの状態になったら
火を止めて、
豆乳と牛乳を1:2の割合でいれて、
ミキサーにかけます。

f0233661_810533.jpg


これを冷やしてできあがり!

牛乳を使わず、
オール豆乳でもいけると想います。
その場合、ジャガイモたちが冷めてから
豆乳と一緒にミキサーにかけるといいかもです!

by 係長 サン
[PR]
by devik | 2011-07-27 08:07 | つながり | Comments(0)

部長の技法

部長から、だれでもこの時期、悩みを抱える
あの食べ物の食べ方を教わった(笑)

f0233661_19232334.jpg


そうトウモロコシ!
今年はトウモロコシがかなり甘い。
太陽のエネルギーを感じるね。
ありがとう、トウモロコシ!

f0233661_19212369.jpg

社長の食べかけ

通常はひとつぶひとつぶ食べるのが面倒になって
かぶりついてこの始末。
歯にカスは挟まるるは、寝ている時まで
口の中に違和感が残ります。

一方、部長の食べ方は、縦のラインを攻略するのです。
もしかすると、ほとんどの人がこの食べ方をいているのではないかと、
40歳間近な係長は、「まじかよっ!」と汗を垂らすのだ。

f0233661_19261498.jpg

縦を攻略の図

ともろこしの粒は縦に力をいれるとつぶれやすく
縦を攻略する際も、粒を横のちからで引き抜いていくのです。
あたかも、マッチョな歯科医が歯を根こそぎぬくように(ふふ)。

f0233661_19283718.jpg

横へ力を入れる事がキーポイント

縦を攻略すれば後は簡単。
実のない方へ「横に力を入れる」を守れば
ぼろぼろ取れて行く。
長年の「歯に挟まる違和感」がこそげ落ちてゆくように、
身も心もクリアーになってゆく。

f0233661_1931134.jpg

残り2列になりモヒーカンのよう

そう、トウモロコシはほんと美しく食べられる野菜なのだ!
もう食べ残しはできない!

f0233661_19365412.jpg

生きている達成感が常に味わえる

ある国ではお尻をふくこともあると聞いた
トウモロコシの芯。
これは立派にたわしの役割を果たせる形態に。
係長大満足。

ここに部長の秘伝を記す(笑)

by 係長 サン
[PR]
by devik | 2011-07-26 19:33 | 部長 | Comments(0)

シバ漬ガーリックライス

むかし、飲食業で働いていた時のまかないで
よく食べたなと思いつくりました。

材料は、白飯、にんにくみじん、オリーヴオイル、
長ネギみじん、シバ漬、塩、酒。
これだけです!

作り方は、オイルに刻んだニンニクを入れ
こげないようにすぐ、白飯を投入。
次に酒、ネギ、塩をいれよくほぐれたら、
(この時ネギに火がはいったら火を止めてオーケー)、
シバ漬をいれよく混ぜる。

f0233661_15331820.jpg


シバ漬をきゅりのきゅーちゃんや、
ザーサイや高菜で代用してもいいんだけど、
この時期はシバ漬。
塩を控えめにすると、うまみがよくわかりますよ。
シバ漬も、無添加のものがあるとベストだね。

また、いろいろ材料は入れないほうがいいかもしれない。
シンプルな布陣が感動を呼びます。
ネギもいれなくていいいくらいです。
つまり、この焼き飯は
にんにくとシバ漬のハーモニー。
にんにくがシバ漬の味を意外ところさないんです!
おためしあれ!


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2011-07-26 15:37 | たべもの | Comments(0)
昨晩、枝豆が食卓にならんだですが、
おかずがたくさんあったので、残ってしまいました。
そこで、枝豆のふさから豆をとりだし、
スープに。

材料は、えだまめ(1カップ)豆乳(200ml)、牛乳(400ml)
オリーヴ油(小さじ1杯)、塩少々、
コンソメ顆粒(小さじ1/2杯、もしくはなくてもいい。)
粗挽きこしょう少々

f0233661_2202737.jpg


最初にゆでた枝豆と豆乳をミキサーにかけ
とろとろになったら、牛乳と塩、そしてコンソメをいれて
再びミキサーをかける。それを器にもり、
最後に、オリーヴオイルと黒こしょうをかけてできあがり。

夏らしくない天気でも
社長やぼくらの食欲は、あまりないので
こんな冷製スープがぴったりでした。
社長は、このスープをひたすらたべていました。
意外と枝豆が青臭くなく、
オリーヴ油が臭みを抑えたのかなと想っております。

コンソメはなくてもかなりいけます!
コンソメを使わず、
昆布だしを使う場合、
昆布だし1/2、豆乳1、牛乳2ぐらいの割合がいいと想います。
それは、トウモロコシで実証済み。
トウモロコシについてはまた後日!


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2011-07-25 22:06 | たべもの | Comments(0)

マンガンジ

あきるのファーマーズセンターで
万願寺とうがらしの福耳というもの購入。
とうがらしといっても辛くなく
ときどき辛いのがあるピーマンのような野菜です。
炒めて鰹節をふって食べてもいいし、
ぐりるで焼いてたべてもおいしいです。

f0233661_1645990.jpg


我が社の定番は、炒め煮。
輪切りに刻んでごま油と酒と醤油で炒めるだけです。
今回はシラスをいれました。

f0233661_1652090.jpg


純菜食にしたければ、シラスのかわりに
ニンニクとゴマ。
これもいけます!

最近、肉食(魚を含む)の意味を考えていますが、
おそらく、極力食べない方向に行くような気がします。
(食べたいなら別だけどね意志にさからうのはかえって、不健康だから)。
この数日、なんども菜食のすすめを説く記事を読んだりするので、
ここいらで、本腰入れて、菜食主義になろうかと!

社長の発育のことを考えていたんですが
社長もそんなに肉を食べない!?

動物たんぱくが内臓をつくると耳にしているから必要なのかなと
考えないふりをしていたけど、
常にいただく命には
動物であろうと植物であろうと
向き合うのが自然な気がします。


by 係長サン
[PR]
by devik | 2011-07-15 16:14 | たべもの | Comments(0)

スッパイ

最近、社長は美味しい時も、
スッパイといったりします。

レモンやグレープフルーツなどは
この時期身体を軽くしますよね。
漬物も無性に食べたくなります。

羽村の無農薬野菜屋さんで
カブを手にいれたので
漬物をつくりました。

f0233661_11181975.jpg


創り方は簡単で、塩もみしたカブを昆布を入れて一日水抜きして、
少し多いかなと思うぐらいの砂糖を水ぬきしたカブにまぶし、
酢と鷹の爪をいれる。半日するといい塩梅につかります。
砂糖は控えめにすると酸っぱくなりすぎますから
甘さと、酸味のバランスが大事です。
砂糖を入れたくない方は、
水抜きしたカブだけでも十分に美味しいので、
レモンを絞ったりしてもいいかもしれません。

そして、新ショウガもこのやり方でつけました。
つまり、ガリ。
スライスした新ショウガをさっと湯通しするんだけど、
それを省いて、上のやり方で。

つける時梅干をいれてもいいかもね。

f0233661_11233377.jpg


刻んで、おいなりさんの具にしてもいいし、
ごはんに振りかけてもいい。

とにかく、スッパイ力で、
さわやかにが、
最近のぼくのテーマです。


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2011-07-03 11:25 | たべもの | Comments(0)
最近、人が手と心を加えて、
作られた食事は祈りだと想う。
いのちを頂くことを、喜びを通して、
感謝して、命のつながりを再確認している。
そんな気がします。

羽村で無農薬のズッキーニを、
マルフジで生水ダコをてにいれたので、
タコとズッキーニのマリネを作りました。

タコは野菜ととても合うんですが、
生だと合わないので、
熱湯にくぐらす霜降りで表面を熱処理します。
冷水でしめて、水分を拭き取り、
冷蔵庫に。
これをすると、臭みも取れて、表面はぷりぷり、
中味はしっとり柔らかい状態。

ズッキーニはニンニクオイルで
炒め煮した後、塩と酢をふりかけて、
冷蔵庫で冷やすんです。

熱を加えたものを冷やすと、うまみが増すきがします。
冷やした両者を混ぜあわせ、こしょうをかけて、
できあがり。

f0233661_20504856.jpg


食欲ない時は
バジルを入れてもいいし、
ネギをいれてもいい。
バジルは胃に語りかけて、食欲をそそります。
白ワインのあてにいけます!

by  係長サン
[PR]
by devik | 2011-07-02 20:50 | たべもの | Comments(0)
おととい、アパートの社長の友達、
タックン家族と
餃子パーティーしました!

餃子はぼくがつくり、
焼くのはタックンパパ。
パパコラボです。

その焼き方が絶妙で、
焼き目はかりかり、あとはもちもち。
これが我が家の餃子かっ!?というぐらい
美味しくなりました。

f0233661_21572475.jpg


フライパンに2回、
お湯を入れ、最後にオイルを投入する、
湯で焼きのようで、
昨日は、余った餃子を再度、焼いてくださいました!

タックンファミリーには大感謝!?
料理が得意なパパが増えていますが、
たぶん、得意でなく自然体。
それがぼくと、タックンパパとの共通点かな。
と思った1日でした!
[PR]
by devik | 2011-07-01 21:58 | Comments(0)