愛と喜びと感謝と幸せ   ここはコニーヅ劇場


by devik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2011年 08月 27日 ( 1 )

ぼくらはひらめき

ひらめきはつねに 

きらめきさ!

きみとぼく自身

宇宙のひらめきなんだぜ!

ぼくらは

この宇宙

このわが身にときめきを覚えてしまう


f0233661_17314164.jpg



いままでの人類は

「できないこと」にはいくらだって

理由や条件を付けてきたように思える。

かくいうぼくもそうだった。

「できる」理由をさがすと、

夢物語になってしまうことをおそれてね。



だから、

「できる」理由を探すときはより明確かつ、柔軟なほうがいい。

今まで、この思考法に慣れていないから、

直観でひらめいたこともなかなか実現にこぎつけなかったわけだ。

実現に至る過程は思考で考えもつかなかった

ワンダーがおこったりもするので

よりポジティヴに考える癖をつけておくと

それがすべての追い風になる。

ネガティヴな精神は

このワンダーをトラブルと考えがちだから!



直観より完全なものはない。

そこに迷いをさしはさむと直観でなくなる。

純粋に直観に向き合うこと。

それが自然の流れに一体になれる秘訣っぽい。



実は「可能性」を語ることは

「できる」「できない」の判断、迷いを

さしはさむ余地を与えてしまう。



まずはできるできないでなく

ひらめいた存在は疑わぬことだ。

この存在があることをゆるすんだね。

「ないこと」をあれこれ考えても

「あること」にはたどりつけない。



ただ、こうした「ないこと」を考えてきた

人類の回り道も

「あること」が直観的にわかっていた遊戯にすぎない(笑)


f0233661_17321153.jpg



より映画をスリリングに楽しむのは

我を忘れて(beside onself = 他の己をつくって)

没頭してしまうのがコツ。

でも、忘れちゃいけないよ

これはキミ自身が監督の映画なんだ!


by ザ コニーヅ コーポレーション
[PR]
by devik | 2011-08-27 17:25 | 天使 | Comments(0)