愛と喜びと感謝と幸せ   ここはコニーヅ劇場


by devik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2011年 08月 15日 ( 1 )

imagine

私の母親もそうなんだけれども、
今までいろいろな経営者の方や社長さんとお会いして
お話をさせて頂いたけれども、
リーダのひとに共通していいえることが
想像している「ある」ということが
すでに創造されているという事。

「ある」というゴールからの逆算スタートになり
実をつけることになる。
(なんかうまくいえてないかもしれないけど。)

リーダーの目からすると
「できる」というよりも「そうなっている」と想うため
時に、しつこいまでにその想いを伝えて
実現しようとすることがある。

ただ、部下や、その協力者は
「できない」想いを連発で想い続けると
その「ある」というエネルギーに負荷がかかり
なかなか実現できない。

すくなくとも協力者もリーダーのヴィジョンを
共有する必要があるように思える。

この差を埋めるには
リーダと協力する側の統合、
すべてがリーダーであり協力者であり
一体である認識を深め、その認識が
元から当然であったと想う事が
必然である。

f0233661_21373759.jpg


ジョン・レノンのイマジンって
だから凄いんだね。

本当にひとりひとり、
the only oneじゃなくて
oneなんだよね。

さらに喜びに責任を持ってしまうよ。

愛に満ちあふれた世界が
あるのは当然であり
自然なんだ。


by 係長 サン
[PR]
by devik | 2011-08-15 21:27 | 天使 | Comments(0)